リアホイールハミ出しの顛末
 ディーラーにホイールがハミ出してると指摘を受けた件ですが、先日の記事で書いたとおりレクサスRC-Fのフェンダーモールを取り付けました。

 これが装着前で
 フェンダーモール装着前

 これが装着後
 フェンダーモール装着後

 どうでしょうか?
 結構カッコイイではないですか?
 缶スプレーでの塗装もバッチリいい感じですし。
 写真はないですけど、ハミ出しもなくなっています。(まぁ、1cmくらい幅が広がるから当たり前ですが・・・)

 ちなみにホンダのディーラーにはまだ行ってないので、本当に大丈夫かはまだ不明です。

| CAR | 22:00 | comments (0) | trackback (x) |
簡易ニーパッド
 先日、ホンダからドライビングパッドというコンソールパッドとニーパッドがセットになったものが発売されました。
 しかしながら、そのお値段がなんと16,000円。

 既にマウス用のリストレストをエルボーレスト代わりにしていることと、値段の割にあまり良さそうではないので購入はしませんでした。
 でも、左膝がセンターコンソールの横に当たって痛い場面がたまにあるので、ニーパッドは欲しい。

 そこで、レストに使用しているリストレストをもう一つ購入し、ニーパッドとして流用することとしました。

 流用ニーパッド

 少々曲がってしまいましたが、結果は上々。
 膝が痛くなることはなくなりました。
 しかもこれなら安いのでダメになったら気兼ねなく交換できますし。

| CAR | 22:00 | comments (0) | trackback (x) |
隙間埋めクッション
 先日、家の鍵をポケットから出そうとしたらポケットに無いではありませんか!
 そういや、ポケットからドライビンググローブを出したけど、その時に家の鍵も一緒に出てきてたのかも?と思い車を調べてみたらありましたよ、シートの下に転げ落ちてました。
 シートの高さを下げてるせいでシートの下に入ると非常に取り出し難いんです。

 別の日にもレーダー探知機のリモコンを操作しようとしたら手からスルリと抜け落ち、これまた苦労しました。
 しかもリモコンを落としたのは2度目。

 いい加減どうにかしたいなぁと思っていたら、ネットで隙間埋めクッションなるものがあることを知りました。
 しかも100円ショップで売ってると。
 100円なら失敗したとしても痛くないので試してみることに。

 で、ダイソーでは黒色のクッションはないらしいので、セリアで購入しました。
 一応、シートの左右に1本づつで、助手席にも取り付けたいので4本購入しました。

 セリア 隙間埋めクッション

 取付自体は簡単なのですが、S660はセンター側の隙間が非常に狭く、少々手こずりましたがなんとか装着完了。
 セリア 隙間埋めクッション 外側
 セリア 隙間埋めクッション センター側

 何も落ちないのが一番良いのですが、こんど落ちても苦労することはないでしょう。
 (一部不安な点もありますが・・・まぁ、それは考えないことにします。)

| CAR | 13:39 | comments (0) | trackback (x) |
リアのホイールがハミ出してました・・・
 先日、ディーラーでホイールがハミ出している旨の指摘を受けました。

 後輪ハミ出し1
 後輪ハミ出し2

 確かにバンパーパーツ部分が斜めになっているせいで、ホイールのスポークがはみだしています。
 バンパー部品が斜めになっていなければとか、関西サービスさんのリアフェンダーエクステンションがもっとバンパーギリギリまで伸びていればとか思いはしましたが、言っても仕方ありません。
 正直行けるかなぁと思っていたので、実はダメだったというのは結構ショックです。
 後輪の7Jは無謀だったのでしょうか・・・。

 このままではディーラーで点検もしてもらえませんし、車検も同様です。

 懇意にしているオートバックスも基本的にはハミ出し車は作業出来ませんので、このままだと点検や車検は目をつむってくれる整備工場にお願いするしかありませんが、そんな整備工場は殆どないことでしょう。

 ということで、何らかの対策を施さねばなりません。

 対策として、4点あると思っています。
 ① キャンバーを付けてホイールの上部を内側に引っ込める。
 ② フェンダーモールを取り付けて、内側に入ってることにする。
 ③ 別のホイール&タイヤを用意して、整備の時にだけ付け替える。
 ④ 素直にもう少し内側に入るサイズのホイールに交換する。

 ①はピロアッパーマウントに変えるやキャンバーボルトでキャンバーを変えるという手段が常とうです。
 ②は実際のところネジや接着剤等で固定しないと法的にダメなのですが、接着剤で固定されてるかどうかなんて見ただけでは判りませんのでグレーゾーンです。
 ③は出費が痛いのと一々交換が面倒なので却下。
 ④は一応最終手段として考えはしますが、一応却下。

 ということでまずは1mmほど細いボルトを用意して試してみることにします。
 細軸ボルトを付けてみた

 結果的に内側に入ったのは少しだけらしく、全然はみだしたままです。
 なので、少々嫌なのですが、フェンダーモールでの対策を考えてみます。
 調べてみるとレクサスRC-F用のフェンダーモールの取付が世間ではそこそこ流行ってる模様。
 しかも7000円以内とお財布にも優しい。
 確かにいい感じかも知れません。
 これで行くことにします。

 部品が届いて、色塗って、取付は後日となるので、続きはその後で。
| CAR | 13:17 | comments (0) | trackback (x) |
パワーエアコンプラス インプレッション
パワーエアコンプラスを施工してしばらく走りました。

明らかに以前のような急激なパワーダウンはなくなりました。
ですが、やはりちょっとした上り坂とかではパワーダウンの影響が顕著に出るみたいです。
とは言え、施工前と施工後では明らかな差が出ることから、施工はした方が良いと思います。

あと、謳い文句の一つである燃費の改善は少しだけ効果があったようです。
ですが、パワーダウン改善の体感ほどの劇的な改善にはなっていません。
燃費の改善はやはり回転数を抑えるのが一番だなと思いました。
(私は回転数をついつい上げて走ってしまうので燃費が良くないのです・・・)

次にもう一つの謳い文句である冷房効率の向上はまったく感じていません。
もともと冷房の効きが良かったのもあるのでしょうが、普通に冷房が効いてる状態で、冷えすぎるということはありません。
もしかすると、もっと設定温度を下げると解るのでしょうか・・・?

既に結論は出していますが、パワーエアコンプラスは施工する価値ありです。
私も今後も使用して行きたいと思います。
| CAR | 12:40 | comments (0) | trackback (x) |
23日のおまけ
 S660は車高が低いので、夜に走ってると後ろのライトが非常に眩しい。

 サイドミラーは防眩のブルーミラーを入れましたが、バックミラーはノーマルのままでした。

 で、今回SPOONさんが来るのでついでにバックミラー用のブルーミラーを付けてもらいました。

 SPOON ブルーミラー

 ミラーの右下には白字で「SPOON」と入ってますが、ミラーを見てもほとんど気づきませんね。
 ミラーの見え方としては、より広角となりました。
 距離感が全然変わって多少戸惑いましたが、その内慣れることでしょう。

 あと、SPOONさんのではなく、WAKO'Sさんの「パワーエアコン プラス」というものを入れました。
 「コンプレッサーの潤滑性を向上させ、エアコンのフリクションを軽減し、エアコン使用時の燃費悪化とパワーロスを低減します。」
 という謳い文句のものです。
 S660はR34と比較して、エアコンを付けるとパワーダウンが極端で、燃費も極悪に悪化します。(15km/Lが13km/Lになりました・・・)
 なので、少しでもパワーロス低減と、燃費向上に一役買ってくれればと思い導入しました。
 23日は気温がそれほど高くなく、エアコンを作動させてもそれほど風が出ない状況でしたが、あまりパワーロスが感じられず、これは期待大です。
 暑い日のインプレッションは後日記事にします・・・したいなぁ・・・するといいなぁ。


| CAR | 12:00 | comments (0) | trackback (x) |
YOKOHAMA ADVAN Racing RZII
 ついにS660のホイールを交換しました。

 YOKOHAMA ADVAN Racing RZII

 色はGLOSS BLACK です。

 YOKOHAMA ADVAN Racing RZII その1
 YOKOHAMA ADVAN Racing RZII その2
 YOKOHAMA ADVAN Racing RZII その3

 で、取り付けた状態がこちら

 YOKOHAMA ADVAN Racing RZII その4
 YOKOHAMA ADVAN Racing RZII その5

 はみ出し具合はツラツラでした。
 Front 15 x 5.5J +45
 Rear 16 x 7.0J +48

 YOKOHAMA ADVAN Racing RZII その6
 YOKOHAMA ADVAN Racing RZII その7

 参考にノーマルの場合(角度がちょっと違うので比較にならないか・・・?)
 S660 ノーマルホイールのはみだし具合 その1
 S660 ノーマルホイールのはみだし具合 その2

 最後に取り付け後の横からのショット
 YOKOHAMA ADVAN Racing RZII その8
 う~ん、カッコイイ!!

 左右逆だけど、比較するとこんな感じ。
 ノーマルはこちら

 RZIIの方がスパルタンで、スポーツカーって感じ。
 でも、気のせいか・・・ノーマルのほうが大きく見えないか???
 まぁ、写真の距離とかが違うからに違いない。

| CAR | 12:00 | comments (0) | trackback (x) |
S660 リジカラ&リアスティッフプレート
スーパーオートバックスでSPOONさんのイベントがあったので、リジカラとリアスティッフプレートの取付をしてきました。

リジカラは・・・要は車体の剛性を上げるパーツで、細かい話は【こちら】をご覧下さい。

ちなみにこんなパーツです。
リジカラ

リアスティッフプレートも車体の剛性を上げるパーツで「トレーディングアームのボディ側取り付け部をBOX化。リアセクションの剛体化を実現」とSPOONさんのウェブサイトには記載されています。

で、肝心の写真ですが・・・SPOONさんの試乗車に乗せてもらってるうちに作業が終わってしまってて、またもやシャッターチャンスを逃しました。トホホ・・・

こちらは隣で作業中の別の車のを撮らせてもらったものです。
リジカラ取付作業中
フレームとフレームの間に金色の輪っかみたいなのがはまってるのが見えるでしょうか?
これがこの後締められてフレーム同士が圧着されて剛性が上がるというものらしいです。

そしてこちらが私の車の取り付け後の写真です。
リジカラ取り付け後
よく見れば判りますが、付いていることは殆ど判りませんね。

リアスティッフプレートはSPOONさんのウェブサイトには詳しく載ってますが、一応写真はこんな感じ。
SPOON リアスティッフプレート
SPOON リアスティッフプレート その2

で、インプレッションですが・・・流石に普通に街乗り程度じゃよく判りませんでした。
というか、別の記事で書きますけど、ホイールも同時に変えたせいでそちらの違いがよく出てた気がします。
あとは既にt-racingさんのリアフレームバーが入ってるため、劇的な変化とならない可能性もあり?
まぁ、その内何か気づいたら記事にするかも。
| CAR | 22:00 | comments (0) | trackback (x) |
S660用バッグ
HONDAの純正アクセサリーで、S660用のシートセンターバッグなるものが販売されています。
シートとシートの間のコンビニフックの下あたりに細長いバッグを入れて、フックに引っ掛ける作りとなっています。
しかしながら、27,000円と結構な値段でありながら、値段相応の出来とは思えない作りに見える。
デザインは結構カッコイイんですけどね。

そもそも、私はHONDAからシートセンターバッグなるものが発売される前からシートとシートの間にワンショルダーバッグを入れてました。
なので既にバッグはあるので必要ないのである。
しかもそのバッグの値段は4,000円程度とリーズナブル。

ちなみにそのバッグがこれ。
メーカー不明のワンショルダーバッグ

このバッグは実は二代目で、初代は草津の土産物屋で買ったいかにも和風といったワンショルダーバッグだったが、荷物を沢山入れすぎたのかベルトの縫い目近くに断裂が入ってしまったので買い替えたのである。

そして、特にバッグに問題があるわけではないが、三代目となるバッグを購入しました。
(一応、少々バッグが大きすぎて、若干入れにくいという問題点はあった。)

購入したのはEddie Bauer (エディー・バウアー)というアメリカン・アウトドア・ブランドのワンショルダーバッグです。
エディー・バウアー ワンショルダーバッグ

私が好きな濃い青(蒼色)でいい感じなバッグです。
デザインがカッコイイ。
ちなみにこちらのお値段は4,900円+税ですので、リーズナブルです。
二代目よりも容量も小さければ、細かく分けての収納ができませんが、シートの間にスポッっと入ります。
エディー・バウアーのバッグをシートセンターに

目立たない感じに鎮座しててとてもGood!
本当はsefepacのワンショルダーにしようかと思っていましたが、色的に断然こちらの方がいいので、あちらは購入しません。
でもまぁ、旅行用に購入しても良いので、結局購入するかも・・・。

エディー・バウアーのワンショルダーバッグは特殊なナイロンを使用しているので耐久性が高いとのこと。
長く使って行きたいと思います。

| CAR | 18:22 | comments (0) | trackback (x) |
インタークーラー交換後に50km程走ってみた
インタークーラー交換後の初ドライブ。

定番のコースを流す感じで走ります。

まぁ、攻める感じで走れるほど空いてないんですけどね。

低回転域、ブーストがかかった時、7,000回転くらいまで引っ張った時、どれも以前と変わった!という印象はない。
レスポンスが良くなった気がするけど、もともと結構レスポンス良かったので良く判らない。
変わったかも?と思えば変わった気がするなというレベル。
ぶっちゃけ、体感は出来ませんでした。

曇の日だったのと、速度を出した状態では無かったので、殆ど判らなかったのかも知れません。
高負荷をかけた時に違いがわかるのかも?

保険の意味合いもあるので無駄だったとは思いませんが、もうちょっと変わった感が欲しかったな。
| CAR | 23:22 | comments (0) | trackback (x) |
TOP PAGE △  
Kietz.net MENU
羽根頭びぃびぃえす
CALENDAR

<<   2019 - 09   >>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30      
COMMENTS
TRACBACKS
PROFILE
OTHERS
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート