富士通 AH77/K HDD => SSD 換装
 先日、7年ほど使用していた富士通製ノートPC(AH77/K)が使用中にいきなりフリーズ。
 (このノートPCは購入時のOSはWindows8だったが現在はWindows10にアップグレード済み。)
 再起動するもWindows10の診断処理が自動で実行。
 しか~し、ディスク診断で1日放置してても終了せず。(ディスクアクセスランプは消えていた。)
 何度か繰り返すが復旧の見込みなし。

 このノートPCは仕事の補助として主にウェブ検索で使用していたし、社内ミーティングのZoom会議もこのPCだ。
 メインのデスクトップPCはカメラは付いていないし、付ける気もない。
 困った。

 一応その場しのぎとしてタブレットを使用して難を逃れたが、画面が大きくないと色々と支障がある。
 ということで、新しいノートPCを買いました。
 ドスパラのゲーミングノートです。
 いやぁ、快適だし、起動がめっちゃ速い。
 これでめでたしめでたし・・・だったのだが、富士通のノートPCはHDDが駄目なだけっぽくてもったいないなぁと。
 PC修理ショップのサイトを色々見て回ったが、やっぱり1万以上は楽にかかりそう。しかも作業代だけで。

 AH77/KはHDD換装が容易な機種ではないのです。
 以前にディスクの遅さに辟易していたので、SSDに換装しようと考えたときもあったが、あまりに大変そうなので諦めていたんです。(壊しそうで・・・)

 でもまぁ、どうせ今のままでも使えなくて放置して、どこかで置物になってるだけ。
 ということでやってみることにした。
 SSDはSANDISKの500GBのものを購入。8,000円しないとは今は安くなったものですね。
 元々入っていたHDDは1TBだったのだが、どうせ使い切れていなかったので500GBで十分でしょう。

 さて、ではノートPCを分解ですが、手順についてはAH77/KのSSDへの換装手順を紹介しているサイトがあるのでそちらを参照。
 あと面倒なので作業の内容は写真とっていません。
 大まかな手順は
 ① バッテリーを外してから、裏面のキーボードを固定しているネジ2本をはずす。
 ② キーボードの側面から爪を折らないようにヘラを使って外す。
  ポイントはヘラは金属製を使わないことと、キーボードの下側の爪が長いので一番最後にすること。側面=>上側=>側面=>下側の順がいい。
 ③ 下側に薄いケーブルがあるので切らないようにそっと浮かす。
 ④ キーボードを接続しているケーブルを基盤から外す。コネクタのところを上に上げるとストッパーが外れる。
 ⑤ キーボードのケーブルの左側と、キーボードの上側あたりにある細いケーブルも同様にストッパーを上げて外す。
 ⑥ CPUファンの下側(手前側)のネジ2つを外す。
 ⑦ ノートPCをひっくり返して、ディスプレイを接続しているヒンジ部分のネジを除いて全て外す。
  このとき⊿マークがついてるところのネジだけ規格が違うので、別々にしておくこと。
 ⑧ ノートPCを表にしてディスプレイを開いたら浮いてるケースを無理をしないで徐々に外す。
 ⑨ HDDのコネクタと反対側から少し持ち上げて、引っ張るようにコネクタから抜く。
 ⑩ プラスチックのカバーを外してSSDと交換して元に戻す。
 ⑪ 分解手順を逆にして元に戻していく。

 これで作業完了です。
 あとはWindowsをインストールするだけですね。(インストール手順は別の記事で。大した内容ではないです。)

 え?これなら新しいノートPC買う必要無かったんじゃないかって?
 いやぁ、やっぱり新しいの欲しかったし、壊れたとかいう理由じゃないと新しいの買えないでしょ?
 それにSSD換装は後で思いついたし、もしかしたら壊してしまうかもとか思ってたので・・・・
 いや、確かに新しいノート買わなくても良かったかもな。
 換装が難しいと諦めていたけど、チャレンジすれば良かったなぁ。
 でもいい体験が出来ましたよ。
 治したPCは予備としてとっておきます。
| PC・環境::構築 | 15:26 | comments (0) | trackback (x) |
コメント
コメントする








TOP PAGE △  
Kietz.net MENU
羽根頭びぃびぃえす
CALENDAR

<<   2021 - 10   >>
S M T W T F S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       
COMMENTS
TRACBACKS
PROFILE
OTHERS
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート