メインPCのディスククローン
 メインで使用していなかったとは言え、そこそこ使っていたPCのディスクが逝ってしまった時は、「しまったぁ!」と思いました。
 これがメインPCでなくて良かったと思うと同時に、メインPCが今逝ってしまうと非常に困る。

 メインPCもそろそろ8年半も経過してる。
 ドライブがディスクではなくSSDだからか、今の所不調らしい不調もない。
 とは言え、SSDの場合、旧に駄目になる可能性が高い(気がする)のでバックアップを取っておきたい。

 新規に買ったノートPCはとりあえずWindowsの回復ドライブ作成でUSBに作成したが、これはあくまでもOSを回復させるだけ。
 ノートPCには大したアプリ等は入れるつもりもないのでいいが、メインPCには色々インストールしてる。
 これらが復旧されないのはかなり痛い。痛恨だ。

 よって、ディスクのクローンを作成しておくこととした。

 購入したのはWestern DigitalのRedと呼ばれるやつの500GBのもの。
 別途ノートPCの換装用に買ったSandiskのSSDは実はWestern DigitalのBlueと同じものだという。
 価格はBlueの方が安いが、安心度が高いのはRedの方とのことで、若干高いがRedを購入。
 現在起動ドライブとしているSSDは当時の定番PLEXSTERの256GBで倍近い容量がある。
 それを保管用とするんだから、贅沢だよね。

 さて、ではクローンを作成するツールをどうするか?
 以前にToshibaのダイナブックのSSD換装時にクローンを作成した時は、「Macrium Reflect Free」というものを使用したが、今は「EaseUS Todo Backup Free」や「AOMEI Backupper Standard」の記事が多い気がする。
 ですが今回私は「Acronis True Image」というソフトを使用します。
 実はこのソフト、Western Digital製のドライブを使用するなら無料で使用できるソフトがメーカーサイトからダウンロード出来ます。
 しかも中身が同じだからか、Sandisk製とCrucial製のドライブも対象となっています。

 私はSandiskのサイトから「Acronis True Image WD Edition」をダウンロードしました。
 ダウンロードした「Acronis True Image WD Edition」メインPCにインストールします(出来ればあまりソフトをインストールしたくはありませんが仕方ないですね。)
 インストールは特に悩まずにそのまま出来ます。

 別途購入した2.5インチドライブを外付けドライブにするケースにSSDをセットしてUSBで接続。
 ツールを立ち上げるとメニュー画面が表示されます。
 (ここでWD、Sandiskのドライブが接続されていないとエラー画面が出て起動できません。) 
 あとはツールのディスククローンの作成で、PLEXTERのSSDをコピー元、WDのSSDをコピー先に指定して実行します。
 ずっと見ていなかったのですが、私の場合127GBの領域が使用されている状態で2時間かからなかったと思います。

 いやぁ、簡単でしたね。
 面倒な設定とかも無かったし。
 以前使用した「Macrium Reflect Free」では色々指定してやってた気がしましたが・・・

 特に起動チェックとかはしていませんが、ドライブとしては普通に見れたので大丈夫でしょう。
 これでいつでも復旧出来るので安心してPCを使用できます。

 ただ・・・OSのアップデートでかなり変わった場合とか、新しくソフトをインストールしたら、またクローンを作成しておいた方が良い気がしますね。
 その時に上書きするか、別SSDを買って新たに作るかは検討します。(作業中に何かあって、両方すっとんだら困るからリスク回避のためね。)

| PC・環境::その他 | 18:00 | comments (0) | trackback (x) |
コメント
コメントする








TOP PAGE △  
Kietz.net MENU
羽根頭びぃびぃえす
CALENDAR

<<   2021 - 10   >>
S M T W T F S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       
COMMENTS
TRACBACKS
PROFILE
OTHERS
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート