GNO3 5クール目 褒章機(+機体)について
 既に5クール目がスタートして6週間が経とうとしています。

 既に御存じの方が多いかと思いますが、今クールからは☆機体が開発できるようになったために作戦のTMP褒章機は☆機体ではなく+機体となりました。
 そして誰もが想定していなかった制限機のパワーアップ機体が主に褒章機として選択されています。

 以下が第5週までの褒章機です。

 【ジオン軍】
  第1週:プロトタイプ・グフ+
  第2週:ゾック+
  第3週:ビグロ+、グフカスタム+
  第4週:ギャン+、エルメス+
  第5週:ジオング+

 【地球連邦軍】
  第1週:ガンキャノン+
  第2週:プロトタイプガンダム+
  第3週:ガンダム+、ガンダムEz8+
  第4週:G-3ガンダム+
  第5週:NT-1アレックス+、アレックスFA+、FAガンダム+

 第6週の褒章機は普通に
 ジオン軍:ガーベラテトラ+、ヴァルヴァロ+
 地球連邦軍:GP01+、GP01Fb+、GP03S+
 となることでしょうね。

 では+機体の性能がどの程度なのかを見てみたいと思いますが、ジオン側の機体とは縁がないので地球連邦側の機体で検証します。

 まずプロトタイプガンダムから。

 プロトタイプガンダム性能詳細
 プロトタイプガンダム+性能詳細

 搭載が1多くなってますが、数値が結構変わっていることに気付いたでしょうか?
 私個人の感想としては搭載+1以上の性能アップに思えます。
 その理由は次にガンダムを見れば判ります。

 ガンダム性能詳細
 ガンダム+性能詳細

 なんとプロトタイプガンダム+はガンダムの性能を上回っています。
 プロトタイプガンダム+はバズーカを持っていませんので汎用性で劣りますが、壁機体としてならガンダム+を上回ります。
 この+機体が次の技術レベルの制限機を超えるというのはガンダム系だから判り易いですが、ジオン側は何とも言い難いですね。
 次はG-3ガンダムです。

 G-3ガンダム性能詳細
 G-3ガンダム+性能詳細

 ガンダム+の方が搭載が上なので性能が高いのは普通に納得ですね。ですが、G-3はNT対応ということでNTパイロットが搭乗した場合、回避に限って言えば1くらいしか差はなくなっています。
 さすがにG-3ガンダムは元の性能がガンダムとほぼ同じくらいですので、+機体となっても両社の性能に大差はありません。
 でもG-3ガンダム+がすごい所はNT-1アレックスの性能を上回っていることです。

 NT-1アレックス性能詳細

 NT-1アレックスはもともとアレックスFAのおかげであまり立場が無かったのですが、さらに立場がなくなってしまいました。
 とにかく使える機体でした。
 ちなみにG-3ガンダム+、NT-1アレックスと同じ搭載ということで新しく追加されたGP03Sは以下の通り。

 GP03S性能詳細

 装甲が24と一般機並みに下げられていますが、回避が59と非常に高くなっています。宇宙適正による補正もつきますので、百式並みの性能となっています。恐らく宇宙においては百式より性能が高くなると思いますが、既に百式は調整対象の機体となっていますので恐らくGP03Sより性能を上げてくるだろうと考えています。

 どう考えても今後は制限機の+機体がどんどん増えて行くわけですので、キュベレイ+やZガンダム+、ジ・О+など考えると怖い機体が楽しみですね。

| GAME::GNO3 | 15:35 | comments (0) | trackback (0) |
コメント
コメントする








この記事のトラックバックURL
http://www.kietz.net/tb.php/630
トラックバック
TOP PAGE △  
Kietz.net MENU
羽根頭びぃびぃえす
CALENDAR

<<   2022 - 09   >>
S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
COMMENTS
TRACBACKS
PROFILE
OTHERS
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート