東北地方 岩手県 旅行
 夏季休暇(8/20~22)を利用して、岩手県の龍泉洞、浄土ヶ浜を旅行してきました。
 生憎の天候不順予報でしたが、ポイントポイントであまり雨に降られなかったので、概ね良い感じでした。

【龍泉洞】
 内部の地底湖が青く見えることで有名な鍾乳洞。
 残念ながら数日間の雨により綺麗な青色ではありませんでしたが、若干緑っぽいものの青く見えました。
 水の透明度もやや濁った感じはありましたが、まぁ綺麗なことは判りました。
 当然のことながら内部は気温が低く、上着がないと寒いくらいでしたね。
 それよりも困ったのは天井から落ちてくる水滴で、写真撮影が非常に大変でした。水滴が付かないように非常に気を使いました。
 出来ればもっと綺麗な時を狙ってまた行ってみたいです。

【龍泉洞温泉ホテル】
 龍泉洞の近くにあるホテルです。
 設備としてはごく普通です。
 温泉ホテルとありますが、実は天然温泉ではありません。
 なのに外部から入りに来る人が結構いて、少々びっくり。みんな知らずに来ているのでしょうか・・・。
 従業員の対応は悪くはありませんが、細かいところで良くない点が見られました。
 別に問題ないレベルですが、他の接客サービスの良いところと比較するとやはり二流だなと思ってしまいます。
 尚、食事は量、味ともに満足できるレベルです。
 女性のみのサービスですが、刺身が氷のかまくらに入ってきたのにはビックリです。相方は非常に喜んでおりました。
 またデザートも女性優遇ですた。
 個人的には同じ金額払って、サービスレベルが違うことに若干不満でした。
 ちなみに、ここで食べた岩泉ヨーグルトが非常に美味しくて、家でも食べたくてわざわざ送ってしまいました。

【安家洞】
 龍泉洞から北に車で数十分走るとある鍾乳洞。
 こちらは龍泉洞とは違って非常に寂れており、近くには売店もありません。食堂っぽい施設はありましたが、私が行った時は開いていませんでした。
 中に入るには入り口で貸与されるヘルメットを装着する必要があります。もちろん中に入ってから脱いでも構いませんが、頭をぶつけやすい個所が何か所かあるので、外すのはお勧めしません。
 この鍾乳洞には地底湖がありませんが、洞窟を探検してる雰囲気が非常にあり、かつ難所がいくつかあるので非常に面白かったです。
 綺麗なのは龍泉洞ですが、面白いのは安家洞ですね。
 私が行ったのが平日だったからなのかは判りませんが、入ってから出るまでの小一時間で、他の客に一切会いませんでした(笑)私が入る直前に帰る二人組がいましたが、それ以外は他の客は一切見ていません。
 実は安家洞は日本で一番広い鍾乳洞らしいです。でも一般的に入れるのはその一部だけとなっています。ですが別途ツアーが用意されており、事前予約することでもっと奥まで行くことができるそうです。しかしながら、装備もお金ももっと必要な上に、非常に時間がかかるので今回はパスしました。でも、かなり探検要素が増えるツアーみたいでおじいちゃんになる前にチャレンジしたいですね。

【陸前野田駅の塩ソフトクリーム】
 以前にとある番組で陸前野田駅にある塩ソフトクリームが非常に美味しいと言っていたので、わざわざ食べに行ってきました。
 調べてみると道の駅にあるらしく、あれ?三陸鉄道の駅じゃないのかと思いつつ行きました。行ってびっくり、なんと三陸鉄道の駅と道の駅が一緒になってました。
 で、目的の塩ソフトクリームですが、非常に美味しかったです。気軽に食べに行けないのが残念ですね。

【道の駅いわいずみの短角牛ステーキ】
 こちらもとある番組でみたのですが、短角牛のステーキが非常に美味しいとのことで、ランチがてら行ってみました。
 一人前2,800円もするので一人前だけ注文して二人でシェアしました。メインはなぜかラーメンを食べました。
 ステーキといってもサイコロステーキでしたのでボリューム感はありませんでしたが、肉は非常に柔らかく、大変おいしゅうございました。
 でも、次回行くことがあっても、もう食べません(笑)

【浄土ヶ浜パークホテル】
 龍泉洞温泉ホテルと比べると施設も従業員の対応も段違いのレベルでした。
 まぁ、1万円近く違うので当たり前と言えば当たり前ですが・・・。
 わざわざオーシャンビュー側の部屋を追加料金払って泊まったのですが、生憎の曇天で若干良い景観とは言い難かったです。でも、晴れ間も一部あって、非常に良かったです。
 食事はビュッフェ方式で、色々と食べられましたが、印象としては龍泉洞温泉ホテルの食事の方が良かったかな。包丁細工とかがビュッフェだと見れないですしね。
 このホテルはお勧めできます。

【浄土ヶ浜・青の洞窟】
 非常に美しい景観で有名な場所。景観の美しさが極楽浄土のようだということから名前が付いたっぽいです。
 写真で見ても美しい景観ですが、やはり自分の目で見ると美しさが全く違いますね。
 また、近くにはさっぱ船と呼ばれる小型のボートで行くことができる青の洞窟と呼ばれる場所があります。
 天気に恵まれたこともあり、綺麗な青緑色の海を見ることができました。ちなみに、前日の雨等の影響で青緑色になっていましたが、天気や海の状況が良ければ、青色に見えるそうです。
 また、もらった「かっぱえびせん」をウミネコにあげることができ、えびせんを持って手を上にあげるとウミネコが飛んできて取っていくなど、ちょっと面白かったです。
 一人1,500円でしたが、個人的には非常に満足のいくアクティビティでした。

【遠野のかっぱ淵】
 帰りの電車まで時間があったので遠回りして遠野のかっぱ淵に行ってみました。
 そこそこの観光客が来ていましたが、そもそも単に小川のせせらぎをかっぱ淵と呼んでるだけですので、ぶっちゃけた話面白くもなんともなかったです。
 またアクセスがちょっと悪いので、それも×。
 もう二度と行かない。

| TRAVEL | 16:00 | comments (0) | trackback (x) |
コメント
コメントする








TOP PAGE △  
Kietz.net MENU
羽根頭びぃびぃえす
CALENDAR

<<   2020 - 02   >>
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
COMMENTS
TRACBACKS
PROFILE
OTHERS
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート