MGC ベレッタM93R HIGH GRADE CUSTOM
 MGC製ベレッタM93R ハイ・グレード・カスタム
 もう覚えていませんが、十数年前にすごくカッコよくて欲しくて、少々高価だったが無理して買ったガスガンです。

 ちなみにベレッタM93Rとは・・・以下、ウィキからのコピペです。
---------------------------------
ベレッタ93R(Beretta 93R)は、イタリアの銃器メーカーであるピエトロ・ベレッタ社が1977年に開発した対テロ用マシンピストルである。
当時のイタリアでは、年々凶悪化するテロや誘拐犯に対抗するため、要人警護では高い制圧力を持つアサルトライフルや短機関銃などの重火器が必要とされていた。しかし、実際に警護の対象となる要人は、社会的なイメージの問題から重装備による警護を忌避する場合が多く、そのため、拳銃サイズでありながら高い制圧力を兼ね備えた銃が必要となり、この93Rが開発された。
M1951Rの後継機種であり、ベレッタM92をベースとしてロングバレル化・ロングマガジン化され、フォールディングストック(折り畳み式の姿勢支持用ストック)も装着でき、セミオート(単射)・3点バースト(3点射)が切り替え可能なモデルとなっている。
口径は9mm(9x19mmパラベラム弾)、装弾数はダブルカラムマガジンによる20+1発である(通常の15発マガジンも使用可能)。
---------------------------------
 このハイ・グレード・カスタムが実在したモデルなのかは知りませんが、インナーバレルを延長してバレルウェイトが付いていて、それがカッコいい。

 箱
 MGC M93R HGC 箱

 箱を開けた状態
 MGC M93R HGC 箱開けた状態

 このハイ・グレード・カスタムには折り畳み式のフォールディングストックが付属していて、このように装着します。
 M93R HGC ストック(折り畳み状態)

 そしてストックを展開して、トリガーガード前についているグリップを下すと両手と肩で銃を固定できるようになります。
 M93R HGC ストック(展開状態)

 ちなみに、フロントの簡易グリップを握るときはトリガーガード内に親指を突っ込むことになります。
 よく考えてありますね。
 ちなみに今日、ガスを入れてBB弾撃ってみたら発射されました・・・ガス漏れしてダメとか、どこかが動かないと思っていたので超ビックリです。

| TOY GUN | 17:21 | comments (0) | trackback (x) |
コメント
コメントする








TOP PAGE △  
Kietz.net MENU
羽根頭びぃびぃえす
CALENDAR

<<   2020 - 02   >>
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
COMMENTS
TRACBACKS
PROFILE
OTHERS
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート